FC2ブログ

ジョインツのSR400

ちょっと今回長いです  お付き合いお願いいたします


ジョインツに出したSR400 456号試作車の紹介です

ジョインツ2019 (30)

バイクはこんな感じ

ジョインツ2019 (29)

未だ、これだという完成形のない456号ですが

今回はこんな感じにしてみました

ジョインツ2019 (36)

SRがどれだけ走るようになるかを突き詰めて何年経っているかわかりませんが

ある程度フレームと足回り関係は落ち着いてきました

今回は前回以上の軽量化とパーツの進化、フロントのカウル制作をいたしました


IMG_6297.jpg

姿は前の方が好きな人も多いでしょうが、姿優先で作っていないのであります

高速道路を制限速度でぶっ飛ばす? ためであります 

壊れない工夫もしっかり勉強しました わからんけど


カウルのマウントはRZ250RRの純正を参考にして制作

ジョインツ2019 (7)

そこからは 一番手間のかかるカウルの原型制作

これが約ジョインツの5日ぐらい前 笑

ジョインツ2019 (12)

普段は粘土使ってますが、今回は時間が無いので

FRPにパテ2缶使って原型を作ります

ジョインツ2019 (11)

厄介なのが、車体に合わせて作れないこと

ある程度のイメージと、寸法取りしたゲージを基に作ります

ジョインツ2019 (10)

左右合わせるのが大変

ジョインツ2019 (13)

最終調整

ジョインツ2019 (14)

サフェーサーを塗り、それをバフで磨きます

ジョインツ2019 (16)

離型処理していよいよ型作り

ジョインツ2019 (18)

型の完成!

IMG_1301.jpg

パックリ!

文字にするととても簡単でよろし

ジョインツ2019 (6)

ジョインツ2019 (8)

ジョインツ2019 (17)

同じように、純正をいじったサイドカバーもパックリ

型が出来たのが2日前 w

そこから張り込みして出来たらステーの制作です

ジョインツ2019 (20)

同時にこちらも進めてます

ジョインツ2019 (19)

一緒にやらないと間に合わない

ステー-0 (2)

急いでいても、こだわりは捨てていけません

ステー-0 (1)

オールアルミで制作

可動部はポリペンコアセタールという素材の削り出し

ジョインツ2019 (26)

作業スペースが無いので工場の裏で下地作り 画像が横になった、、、、

ジョインツ2019 (27)

YZ250のチェーンスライダーを今回は使用

これもこだわり

ジョインツ2019 (23)

時間もないのにフォークのチューニング

ジョインツ2019 (24)

RZで成果を出してるスプリングのバフ掛け

センテンススプリング! 寝てないので頭の中が混乱 w

スラストベアリングは上下ダブルで装着

ジョインツ2019 (25)

〆はSKFのオイル&ダストシール

低フリクションだけど耐久性はまだわかりません

リアキャリパーのトルクロッドも制作

下はRS250のもの

なぜか左右正ネジ w

でも、ロッドエンドはクロモリのテフロン サスガ!

ジョインツ2019 (9)

実はブレーキホースの長さの関係で、最後にもう一度ロッドを作り直しました w

フレームも塗ったばっかなので、組み付けもこれからです

フレーム


そして搬入当日の朝にタンクのロゴ入れとクリア

ジョインツ2019 (28)

4日の徹夜でもう目のピントが合いません

筆で書くけど何が何だかわかりません

どうやっても描けない、、、、、、、

はっきり言ってこれは失敗  まっいいや w

この後、カウルとサイドカバーのペイント!

搬入まで6時間を切りました 


間に合うかわからないのに、なぜか余裕綽々

差し入れの鰻も食べたし、何とかなるっしょ!

てことで、なんとかなりました w

ジョインツ2019 (37)

NSR250Rの足回りをベースにカスタムしたSRです

外装のこだわりは、カウルの位置関係

実はヨシムラのXR69レーサー を参考にしています

ジョインツ2019 (39)

ちょっと詳しく説明すると

スイングアームはMC18の89モデルのを切り刻んで、短くしてあります

長い方が車体の動作が少なくなるので、サスの動きが良くなるのですが

ホイールベースが長くなるのが一番嫌いなので、短くしています

サスのレイダウンと全長の関係でクリアさせてますが、サスの動きに関しては

まだ研究中です

今乗っているモノサスのRZぐらいにはしたいと思ってます

ジョインツ2019 (38)

フロントはMC21のSPモデルから流用

インナーチューブや手に入るパーツはすべて新品とチタンのボルト類で構成

NSRのフロントは柔らかくする方がSRには乗りやすいです

ホイールはアクティブのMC21用ゲイルスピードで前後17インチ

ブレーキはシングルでブレンボのキャスティングとゲイルスピードのラジアルマスターの組み合わせ

一度ラジアルマスター使ったらもう戻れません 笑

ブレンボは14mmが無いのでゲイルにしました

16mmのタッチは好きではありません 主観



ローターはサンスターのフローティングディスクに

ハードアルマイトのローターピン

スプロケもサンスターでブラックアルマイト仕様です

チタンとアルミのボルト類は50本以上使いました、、、、

SRを軽くしたらどうなるか? が、知りたいだけでここまでやってます 

いいか悪いかは乗ってみないとわかりません

人の言ってることはあまり信用しない方です 笑


ジョインツ2019 (48)

ハンドルはデイトナさん

ステムはTYGA というメーカーの物をベースに、ステムシャフトをジュラルミンでワンオフしました

ガンドリルというもので中空の肉抜き加工もしてあります

ステムだけで純正の1/4ぐらいの重量です

ジョインツ2019 (46)

クラッチホルダーもゲイルスピードで、スイッチ類はいまだに迷っているので付けてません

ジョインツ2019 (47)

サイドカバーなどのFRPパーツは樹脂を絞り込んで作ってありますので

とても軽くて丈夫で、市販品とは一味違う仕上がりになっています

ジョインツ2019 (49)

まだ改善の余地ありですが、カウルの止めは脱着が容易にできます

ジョインツ2019 (42)

SRでは見たことのない風景

メーターは間に合いませんでしたが、正確なデジタルのスピードと、永井電子のタコを使う予定です

ジョインツ2019 (4)

ジョインツ2019 (50)

軽いKOSOのナンバー灯

ジョインツ2019 (41)

FLAKESオリジナルのメガフォンサイレンサーのアルミバージョンです

市販品はステンレスですが、試作でアルミにしてみました

テストでいい結果が出たらステンを廃盤にしてアルミに変更しようと、企んでます

旧456号の時、ノーマル400エンジンで1●0キロ以上出したマフラーなので

抜けは折り紙付きです! 

ジョインツ2019 (40)

で、少しずれますが、

シートレール加工のお話

ここまでシートが上に来るのだったら、シートレールをわざわざ加工しなくていいのじゃないか?

その通りです。

無駄なことやってますが、元々はチョッパーやボバーにいつでも変更出来るように

から始まり、座る位置を低くして疲れないようにする

今では、チョッパーフレームに改造されたSRを、違うスタイルに変更出来る

という提案も含めています

飽きたらチェンジ! SRの可能性はまだあります!

ジョインツ2019 (38)

長くなりましたが、こんなこんなで こんな物を頂きました

ショーバイクを作った覚えはないのですが、もらえて光栄です

なんかもらった

差し入れ、応援のメッセージありがとうございました

これからもいい物を作れるよう勉強していきますので、よろしくお願いします!


余談: ジゴロ号とは、自分のSR500のナンバーが456なのでそこから命名しました
フレークスの永遠のテスト車両です

見た目だけのコピー品は456号ではありません
完成形のない何時までも追及していくのが456号なのです

ではまた


スポンサーサイト

2019.04.29 | Comments(0) | Trackback(0) | YAMAHA SR400・SR500

«  | HOME |  »



プロフィール

フレークス 佐藤

Author:フレークス 佐藤
名古屋のちょっと東、東郷町
でバイクをカスタムしたりペイ
ントしている、フレークスです。
日々の作業やイベント参加な
ど、思いつくままのんびり書
いていこうと思います。

お問い合わせはコメント欄で
はなくホームページのメール
フォームからお願いします。

月別アーカイブ

最近のトラックバック

神様

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる